リフォーム時の
一時引越しについて

建て替えや大規模なリフォームをする場合、仮住まいへのお引越しが必要です。
「リフォーム前」と「リフォーム後」と、お引越しを2回することになりますので、
住民票や公共サービスなどの住所変更手続は忘れずに行いましょう。

建て替え・リフォーム時のお引越しの流れ

  • 大規模リフォームに伴うお引越しは2回!

    大規模リフォームをする時は「仮住まいへのお引越し」と、リフォーム終了後の「戻ってくるお引越し」と、2回のお引越しが必要です。
    1回目の「仮住まいへのお引越し」の時のポイントは、荷物をできるだけ少なくすることです。
    ご家財が多いと、広い住居を借りる必要があったり、
    ご家財を保管するための貸倉庫を利用しなければならなかったりと、どうしても費用が掛かります。
    アート引越センターでは、ご家財をお預かりするサービスを行っています。
    お気軽にご相談ください。 一時預かりサービスの詳細はこちら

仮住まい選びのポイント

費用を抑えて、効率よく仮住まいを選ぶためのポイントをご紹介します。
上手な仮住まいの探し方を知って、お得な建て替え・リフォーム時のお引越しに役立ててください。  

  • 短期解約の違約金に注意!

    建て替えやリフォームでお引越しをする場合の仮住まいは、短期間の賃貸契約となります。
    通常の賃貸物件は、年単位の契約になる事が多く、短期間での退去の場合は、違約金が発生する場合もあります。
    お部屋探しをする際に、あらかじめ建て替え、リフォームによる仮住まいであることをしっかりと不動産会社に伝えて、賃貸借契約書を確認しておくと良いでしょう。

  • 建て替え引越しの注意点

    仮住まいへご家財をすべて運び込めない場合は、保管場所を確保しなくてはなりません。
    当社でも、ご家財の一時預かりサービスを承っております。
    ご希望の期間、当社にてご家財をお預かりし、建て替え完了後、改めてご新居にお届けいたします。
    お荷物のお預かりには、基本的に保管料をいただいております。
    料金は保管期間に応じた保管料、入庫・出庫の際にかかる運搬作業費と、その他ご希望されるオプションサービスの合算となります。
    なお、地域やお申込み時期によってはご対応できない場合もございますので、詳しくは当社へお問い合せください。

    仮住まいに持ち込む荷物はできるだけ少なく

    仮住まいは、一時的な住居ですので、今より狭いスペースになると思われます。そのために、仮住まいに運ぶ荷物はできるだけ少なくしたいものです。
    トランクルームを借りるにしても、ご家財が多いと広いトランクルームが必要です。
    費用削減のためにも、この機会に思いきって不要なものを処分する、というのも良いかもしれませんね。
  • 住民票やガス・電気・水道などの各種手続きを忘れずに

    今のお住まいのガスや電気、水道の停止手続き。
    そして、仮住まいでのガスや電気、水道の開通手続きは忘れずにしておきましょう。
    また、市区町村が変わる場合には印鑑登録等の各種手続きも必要です。
    仮住まいに郵便物を転送してくれるように、郵便物の転送手続きもしておくと良いでしょう。
    ただし、キャッシュカードなど「転送不要」と表記のある郵便物は、転送手続きをしておいても差出人のもとに返還されるため、必要であれば住民票の異動手続きをしておくことをおすすめします。
    ※市区町村によって手続きが異なりますので、詳しくは役所の窓口にお問い合せください。

建て替え・リフォームに伴うその他のサービス

当社では、「ハウスコーティング」や「一時預かりサービス」など、
建て替え・リフォームのお引越しのときに役立つ各種サービスをご提供しております。

  • ハウスコーティング

    新居での生活を快適に過ごしていただけるよう、当社独自のコーティング技術で
    フローリングはもちろん、キッチン・洗面所・浴室・トイレをキズやシミ、日焼けからしっかりガードします。
    入居後のお手入れや清掃も簡単になります。 ハウスコーティングの詳細はこちら

  • 一時預かりサービス

    建て替え・リフォームのお引越しの時に、必要になってくるのがご家財の一時預かりです。
    当社では、ご家財の一時預かりサービスを承っております。
    地域やお申込み時期によっては、ご対応できない場合もございますので、詳しくは当社へお問い合せください。
    一時預かりサービスの詳細はこちら

お見積りは無料

単身お引越

お見積り お申込み

ご家族お引越

お見積り お申込み

ページトップヘ